読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

F. I. M.

書きたいときに書きたいことを。主に早見あかりさん。

11月23日というある魔法のような1日

早見あかり ももクロZ

こんばんは。

今回は最近のTwitterで散々騒いでいた、2012年11月23日を振り返って文字に起こしてみました。

行けてない方へのレポになれば…と思っていたのですが、私情や主観が入りまくりでとても参考にならない代物になってしまいました…

(これでも生まれて初めてネットで知り合った方とお会いした(それも2連続で!)話、Mステの観覧に向かう途中の方に偶然会った話など削りました…あまりにも長かったもので)

一応鮮明に覚えているつもりですが、もしかしたら間違ってる点があるかもしれません。ご容赦ください。

グダグダですが、お付き合い頂けたら幸いです。

ーーーーーーーーーー

 

その日は奇跡的に予備校が休みで、1日自由に行動出来る日でした。

とはいえセンター試験まで2ヶ月というこの時期。勿論勉強用具を持って六本木へ向かいました。ショーは11時半開演予定。駅に到着したのは、10時20分頃。

 

小雨が降る中辿り着いたステージを見て……思わず絶句しました。

距離が、距離が近すぎる。

若干高さのある円形のステージにランウェイはなく、その周りを半円状に観客が取り囲むような感じの作りでした。

開演1時間前の到着にも関わらず、人はまばらでいわゆるガチ勢は殆どいない状態でした。

段々人が増えてきたとはいえ、「モデルさんが生で観れるらしいからよってこう」というイケてる女子の皆さんばかりなので、若干のいたたまれなさを感じながら、座席など無いためただじっと待ち続けていました。

 

オープニングアクトも終わり、ついにショーが始まりました。

20人のモデルさんが1人ずつ左手から登場し、真ん中でポーズを決め、右手に捌ける、の繰り返しでショーは進んでいきます。

あかりちゃん以外にも好きだったモデルさんがちらほらいたので、中々興奮しながら見ておりました。

後半を過ぎると、次なんじゃないか…という期待からモデルさんが登場するたびに心臓が縮みあがるようでした。

 

ついにその時は訪れました。たしか、19番目だったでしょうか。

スモークがかったブルーのニットに、イエローのパンツ。髪の毛はサイドですっきりとまとめられています。

そのあまりの美しさと、顔の小ささスタイルの良さに私の頭は完全にショート寸前。

あかりちゃんは満面の笑みで両手を振りながら歩いてくると、そのまま中央でポーズ。

照れ笑いのような表情で、舌をちょっと出してる姿は、雑誌で見るよりもずっとあどけなく、とってもとっても可愛いかったのです。

 

その後のカーテンコールではモデルさんが一列に並びました。

私はステージの左手で見ていたのですが、あかりちゃんは右手側だったので、僅かに顔が見える程度でした。

が、周りのモデルさんとニコニコしながらお話してる姿はばっちり確認出来ました。あと、本編では首にかけていた耳当てを耳にしているのもよかったです。もふもふ。

 

次の出番は第5部(確か18時頃)とのことで、勉強するために一旦マックに避難することに。

 

 

しかし、私の集中を削ぐ情報が一つ。

エビ中が、15時から代々木公園で無銭ライブをやる。

迷いました。あかりちゃんを観れるだけでも贅沢なのに、わざわざ勉強時間を潰してまで行っても良いものか。

しかし、どうしても見てみたいという欲が抑えられなかった。

 

余りにもギリギリに決断したため、明治神宮前駅からは猛ダッシュ。

ステージが見えるか、という頃になって聞こえてきたのが「放課後ゲタ箱ロックンロールMX」さらに足が加速します。

ステージ後方まで来た私は、再び距離の近さに圧倒されたのでした。

 

後方は無銭エリアということもあり、落ち着いて見ている方が多かったです。

かくいう私も、シングル曲とメジャーシングルのCPくらいしかわからない身だったので、地蔵をかましてしまうこともしばしば。(思えば「売れたいエモーション」「エビ中一週間」がここで初見だったなんてなんて贅沢だったのでしょう)

ただ、伝わってくる熱が楽しくて、現実感がなくて、あっという間にライブは終了しました。

ところでこのステージ、初めて訪れたのに、そんな感じがしない理由は、何回も動画で見た「帰ってきた代々木公園の猫たち」(PJツアーファイナル?)をやった場所だからでしょう。

ぴったり2年前は、この地にあかりちゃんがいたのかと思うと不思議な気持ちでした。

 

 

再び六本木に戻った私でしたが、朝の人の入りの感覚を思い出し、のんびりと会場へ戻りました。

…が、これが大誤算。ステージ周りには、朝とは比較にならないほどの人が…

その前の4部でゲストで来ていたのは大塚愛さん。ファンにプラスして、一目みようとした一般層がステージ周りに集まっていたのでした。

ステージが無事観られるか不安にかられつつも、方向としては1部の時とほぼ変わらない角度の後方にスタンバイしました。

幸い4部が終わると若干人の入れ替わりがあり、少しだけ前に進むことは出来ました。

 

そして5部が始まりました。

ショーの構成、モデルさんの順番は先ほどと変わらず。

あかりちゃんは今回は髪を下ろし、ブルーのニット帽をかぶっていました。

来ていたのは白黒ボーダーのニットに黒いスカート。

生足だったので寒いんじゃないかと心配になりました。それと、やっぱり肌が白いなあ…と。

そしてやられたのが弾けまくってる笑顔。普段の誌面みたいに澄ました感じは微塵もなく、本当に楽しそうな笑顔。

ポーズを決めるところではいきなり膝くっつけ&投げキッスのぶりっこポーズ。可愛すぎる。余りにも大げさすぎてむしろ悪ノリに見えますが、可愛い!

ただ、動きが早すぎて上手く写真が取れなかった方多数な気がします…

が、その後のあかりちゃんのしたり顔が素敵すぎたのでなんでも良いです。

 

カーテンコールでは、1部の時よりも右寄りになってしまったのか、あかりちゃんの姿は完全に捉えることが出来なくなってしまいました。

ここでモデルさんは退場。その後は観客も含めたCMの撮影に入りました。

なんでもみんなで「キャンドルダンスというのを踊るのだとか。

 

この後にモデルさんが登場するのか分からなかったので、私は舞台を気にしつつも電話の用事があったため、一旦抜け出しました。

ところが、ここが若干の運命の分かれ道。

電話を終えステージに戻ろうとすると何だか嫌な予感がする。

ダッシュで先ほどの場所に戻ると、なんと!モデルさんたちが再び登場し、一緒にキャンドルダンスを踊っているではありませんか!!!

うわああ!あかりちゃんが踊ってる!すっごいニコニコしながら踊ってるよ…!

再び動揺した私は、この位置だとあかりちゃんを見づらいことにようやく気づきました。

あかりちゃんがいる舞台右手は人の入りがさらに多く、かなり後方から見る事になってしまいます。

ですが、ここは一か八か。右手に移動しました。

ダンスの後、モデルさんにボールの入ったカゴが渡されます。

どうやら、このボールをゲットした人に、ステージに飾ってある洋服をプレゼントするのだとか。

後方だったのでキャッチは諦め、ボールを投げるあかりちゃんをじっと眺めていました。

あまりコントロールがよくないのか、ボールはちょっと変な方向へ飛んでいきます。他の方と比べると飛距離もそこまで無いような…

運動音痴と自称してたのが、当時はまだ信じられなかったのですが、これで少しだけ納得しました。

ですが、えへへって感じで笑ってるあかりちゃんが可愛かったのでなんでもいいです(2回目)

 

この後がちょっとした奇跡でした。

ボールをキャッチした人がステージ下に集まって、服と交換していきます。

するとどうでしょう。もうショーも終わりということでどんどんと人が減っていくではありませんか。

おそるおそる前方へ足を進めます。1部よりも近い。距離にして10mもないくらい。

あまりにも恐ろしくなってその場でじっと固まっていました。これ以上近づいてはいけない、と。

ステージ手前にいる女の子達に手を振るあかりちゃんを見つつ、私も必死であかりちゃんに手を振ってました。お疲れ様。すっごく可愛かったよー!!と思いながら。

すると、あかりちゃんの顔がぱっとこちらを向きました。

そして、ニコニコしながら手を振り返してくれたのです。

私はそれが信じられなくて、思わず泣き出しそうになりました。多分すごく変な顔になったんだと思います。

そうしたらあかりちゃんは、えー!なんでそんなびっくりしてるの?笑って笑って!って感じでもっともっとニコニコ笑い返してくれました。

私はもう頷くしかありませんでした。最後にはいろいろ耐えられなくなって、ぎゅっと目を瞑ってしまいました。

 

その後は特にイベントも無くそのまま終了だったのですが、この身に余るほどの幸福感で、ふらふらしながら電車に乗りました。

後から、もしかしたら自分の勘違いかもしれない。別に自分に対して手を振り返したわけじゃないかもしれない。と考えましたが、あの時直感でそう感じたってことはきっとそうなんだと思います。そう思うことにしました。

 

 

のぼせ上がった状態で到着したのは、東京駅。

ここで待ち合わせしたのは、ぴあフェスの方へ参加していたあかりちゃん推しのフォロワーさんと、そのご友人。

お互いその日の記憶を喋りながら交換したり、私の知らないクローバー時代の話をお聞きしたりと、とても穏やかな時間を過ごしました…20時過ぎまで。

携帯のワンセグ機能にお世話になり、4人でじっ…とミュージックステーションを、それに出演するももいろクローバーZを見つめていました。

6人の、クローバー時代の映像を噛みしめているとついにステージが始まりました。

「振り返るな。我らの世界はまだ、始まったばかりだ」

この時の5人の笑顔を、私は忘れることはないでしょう。

 

こんなにも濃密な1日は、今後の人生でもそうそう無さそうです。

なんといっても、生まれて初めて心底惚れた芸能人の子を初めて生で見て、初めてネットで知り合った人と待ち合わせして、初めてアイドルのライブを生で見て、ももクロ初出場のMステを見届けた日なのですから。

そしてこの3日後が紅白出場者発表。

それから1年がたった今、沢山のフォロワーさんがいらっしゃるこのアカウント名でこのブログを書いています。

最後は無理やり今日という日に関連づけてみました!もう日付変わっちゃいましたが!!

ここまで読んで下さった方。もしいらっしゃいましたら厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

 

log 11月7日~ gdgd ラフスタ 少女性 *微追記

twitter過去ログ ももクロZ 早見あかり

私みたいに今年からファンになった人は、Z以前を気にしない(もちろん知ってるけど、深く掘り下げない)人の方が多いのかもしれない 対しZ前からファンの人は、もう6→5になったという変化、時の流れを十分に感じている だから、私は凄く取り残されてるみたいだ

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月7日

中野前後の話を聞くだけで涙がにじむ 私だけ、まだあかりんが抜けた直後の様に錯覚してしまっていて、昨日の音漏れも正直パレパレスパガももパン未来であかりんの声がないのにすごく違和感を感じていて すごく罪悪感を感じる

 

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月7日

その一方Zちゃんも真剣に応援してるし、女優モデルのあかりんを見るのがこの先何十年分もの楽しみだと思ってるのにね そもそも好きになったきっかけは猛烈だし、完全に5人に魅力を感じて入った訳だし

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月7日

もっと話が聞きたい 無印時代の6人の思い出とか、Z以降の5人の快進撃がどれほど凄いものだったのか、とか もちろん、今の5+1人の活躍を楽しみにしながら

 

*************

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月12日

ラフスタイルは皆序盤笑わないで踊るのがかっこ良くて好き 出だし3人の腰だけからのセンターれにちゃんも、そのあとあーりんに従うかなこも笑ってないもん 痺れる

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月12日

こーのー道ーからのあかりんが無表情で人形っぽくてすっごいドキッてする その後の顔くしゃくしゃにして笑うれにちゃんのギャップにやられる

 

 

***************

「少女性はアートを感じる。微妙な年頃の少女から大人への変わり目。ロリコンとかじゃなくて。」って女子の友達が言ってたけど、夏帆とか夏菜子とかの昔の映像はまさしく「それ」だと思った。

@mugenkushamiさんがリツイートしました

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月13日

ものすごく同意する>RT 私がももクロ全体ひいてはあかりんに魅力を感じた多くの理由ってまさにそれ

 

 

***************

 

初っ端がうじうじしまくってて、もう過去のアレとはいえ本っ当~~~にすみません…言い訳は前記事参照…

 

ラフスタイルって相当踊りがいのある曲だと思います。

他の曲と比べて止めの要素が多く、しかも腰の使い方や腕のしなやかさがものを言う。

ダイナミックな動きが無い分ごまかしのきく部分も少ない。

でも全員がびしっと揃うところは本当にかっこいい。サビの足上げの動き大好きです。

踊れるようになりたいと思うのですが、Zverが世に出た現在、封印されてしまう予感がします。

 

あとは少女性の話。某フォロワーさんの呟きが元なのですが、いや正にその通りだよなと。

自分と同じ~年下の子を追いはじめて分かったのですが、この年の子(特に美人な子)って少女→大人の過程を辿る最中の自分の魅力の凄さを自覚してないんだと思うんですよね。

むしろ無自覚だからこそ、見ている側はいつかは終わりを迎えてしまう儚さとか、ふとした衝動で崩れてしまいそうな脆さを愛でることが出来るというか…

そうしたため息が出そうになるこの感情をとっておけるすべがあればなあと頭を悩ませる日々が続くのです

 

log 11月2日~ 初ももカラ 男祭り会場推し雑感 *追記あり

twitter過去ログ 早見あかり ももクロZ

11月2日

私は問いたい なぜあかりんへ贈る歌が配信されててデコまゆ、炎の最終決戦が

配信されてないのかと(倒置)

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月2日

あの歌はカラオケで歌えないよ…泣いちゃうのもあるけど、あの場所であのメンバーが歌うために考えられた曲だから、私なんかが歌うのがおこがましいと思ってまうのでね

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月2日

カラオケで何がびっくりしたかって、きみゆきの時の後ろの映像、白い雪が舞う中、赤と青の光に照らされて電車が走り去っていく場面から始まったこと!! これ狙ってるのか?って思ったくらい歌詞にピッタリでつい鳥肌が…

 あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月3日

あと、やっぱり同時期にももクロハマった子同士でのカラオケだったんだが、無印時代の曲もZverでしか見てない場合が合って、その場合会話が噛み合わなくてちょっと苦労した(believeとかオレンジノートとか)

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月3日

かなりの新規なのに、無印時代の曲は無印でしか聴いてないのってやっぱ変なのかなあ もっとZver聴くべきか

Twitterで表示

 

**********

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月5日

通りすがりとみられる老夫婦の方に「今日は何があるのー?」と聞かれたのでももクロの説明をしたのだが、緊張しちゃって上手く魅力を説明出来たか不安(;;) でもニコニコしながら「へぇー凄い子達なのね!」と聞いて下さったのが救いです

Twitterで表示

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月5日

色んな方とお話で来て楽しい(^。^) 女祭りの時より充実してますな…

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月6日

男祭りと女祭りのセトリ比べると、対照的になってる気が・怪盗inZ伝説out ・インディの曲in新しめソロユニット別名義out ・believeツヨクツヨクin wordsアウト ・Z女inPUSHout (続く)

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月6日

(続き)・聞かせる系白い風スタダセレナーデinかっこいい系コントラキミセカD'アウト ・コノウタinオレンジノートout なんだか二つのセトリを合わせて始めて完全体になるみたいな感じがするんたよね

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月6日

つぶやきサーフィンして、Z以前からファンであろう人の感想をみてたらこんな時間になった

あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月6日

確かに全力少女PJのフリコピはまぁ多かったのにその後のフリコピ率が著しく下がったときはなんともいえない気持ちになった 同時期にファンになったであろう人とのギャップも痛感した 自分ってクソ生意気だよなあ…

Twitterで表示

 あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月6日

Z女のフリ覚えてなくても、ももパン未来のフリは覚えてる新規もいるのですよ 新規が皆地蔵な訳じゃないのですよ

Twitterで表示

 あすみ@土曜9時@mugenkushami

11月6日

でも、今日は楽しかったです本当に! 念願のココナツサークルも、丁度6人で出来たのが嬉しかった 無印の時から知りたかったなんて今更後悔したって仕方ないじゃないか!!

***********

久しぶりにまとめてみました

 

男祭りの感想は相当削りました。思えばこのあたりからお話出来る方が増えたので、嬉しくて仕方なかったのでしょう(笑)

自分の過去のつぶやきだとわかっているのですが、なんか言動が若々しいような…

今見ると中々恥ずかしい。

 

あと、この時期は先日の日記で上げた「中野ショック引き摺り暗黒期」なのでグダグダねちっこいツイートが多いです。

それが少しづつ変わるきっかけは言わずもがな、あかりちゃんに会いに行ってからです。

 

 

 

 

 

 

3回目の中野2部

ももクロZ 早見あかり
過去ログまとめる詐欺ですみません。今回もまたただの日記というか雑感です。

昨晩「4.10中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事 〜眩しさの中に君がいた〜」第2部を視聴しました。

初見の友人と一緒に観たのですが、その友人の雰囲気云々はここでは抜きにします。あくまで自分が3回目に観て何を感じたのかを少しだけ。

私は視聴前、Twitterの方で「初めて中野を観終わった時から、あかりちゃんがももクロにいた時代に縛られてしまって辛かった」と言いました。
それは2回目に中野を観た時……紅白歌合戦の3日前もほぼ同じような心境でした。
まるでつい昨日まで、彼女はももクロであったんだというくらいの近さを感じてしまっていた。
そしてあの紅白の舞台は、確実に6人を連想させる演出は、またも私に現実に戻るのを遅らせたのです。
(その後のあかりちゃんのブログでハッとしたのですがそれはまたべつの話)

3回目の今回は、今までと少し違っていました。
確かに強い感動を味わいました。けれど過去2回のような現実ごとどっぷりと、ある種擬似体験的にライブ・セレモニーを享受したのではなく、思い出を懐かしむかのような穏やかな気持ちでいられたのです。

その前触れは、7月のももクノ、それから昨日の日産スタジアムでのライブで確認できました。
無印曲がきても5人であることに違和感なく楽しめる。盛り上がれる。
普通なら当たり前の事ですが、私には今までそれが出来なかった。

でも、Zちゃんが歌やダンスのレベルアップに頑張っている今
あかりちゃんが地上波ドラマに参加して沢山の事を学んでいる今
リアルタイムで2つの分岐した物語を追っているうちに、後追い新規だった私の中でようやく「ももいろクローバー」が過去になった気がします。

これも、彼女…あかりちゃんがあらゆるメディアで活動してる姿を沢山見る事ができるが故の心の変化なのかもしれません。

そんな現在に身をおくファンであることを幸せに感じつつ、今日からまた頑張っていきたいものです。





そして、これは少し批判めいてしまうのですが…
たたみかけるようなセットリストがなんと楽しかったことか
ダンスが完全に堪能できる事がどれほど幸せか

最近ももクロのDVDを観ていなかったので、普通のライブの楽しさを改めて感じました。

いつか超・ガッツリライブ、観れたら良いなあ…


P.S あかりちゃんのラップパートでは、友人皆からもれなく「かっこいい〜!」の歓声が湧きました。もちろん私も!

Twitter開通/斎藤さん2放送雑感

お知らせ等 早見あかり
結局またもお久しぶりになってしまいました。
とはいっても先日Twitterのプロフィールにリンクを貼ったばかりなので、久しぶりもくそもないのですが

さて、今回は過去ログをまとめるのではなく、折角のブログなので少しだけ真面目な話をします。
っていうよりTwitterに載せるのが憚られるのでこちらで吐かせて下さい

13日土曜日に斉藤さん2が始まりました
ついに待望の、あかりちゃん連ドラ初出演
当然我がTLも物凄い盛り上がりでした。
で、後からしらべてわかったんですけど、あの時間の有名人ツイートランキングで2位だったらしいんです(1位は嵐の大野くん)
某所の過去ログも見に行ったところ専用スレまで立っていましたし、実況でも、あまちゃんに出ている茉優ちゃんと並んで言及されている印象でした。
この事実は自分と同じときめきを共有してる人が沢山いるのだということで嬉しく思うのと同時に、改めて彼女の置かれている状況が特異であることの自覚にも繋がりました。

出番はせいぜい5分ないくらい、セリフにして10言も言ってないくらいの露出量でこの注目のされ具合。これは新人女優の出始めとしては異常だと思います。
つまりそれだけの人数が「彼女の成長ストーリー」を見届けたいと思っている……
もちろん私だって例外ではありません。まして後乗りと言われても仕方ないくらい最近のファンですから。
(もっとも、そんな難しい事を考えるより以前に彼女の美しい姿が見たい/可愛い可愛いと叫びたいという気持ちが強いですが)
通常新人の女優さんは、TVの場合学園ものの端の方の役あたりから出始め、徐々に経験値を上げて目立つ役を手に入れていく気がします。
たまに居る、オーディション等でいきなり良い役を射止めた子も本当の出始めは世間は注目していない。
しかし彼女の場合、かなり変則的に知名度が上がってしまった。
演技関係で言ってもTVの初めが「ウレロ~」という特異な出発点。
つまり、下積みの段階にも関わらず異様に注目度が高い、かなり歪な状態です。
本来ゆっくりと時間をかけられる段階まで丸裸にされている……自分だったら相当なストレスです。プレッシャーに負けて泣いちゃうかも。

……でも、本人は気にしてないのかもしれません。
文章がぐちゃぐちゃしてきましたが、要は「やっぱりこのポジションって特殊なんだなあ」ってことだけ言いたかったんです。
応援してるよとか、批判に負けずに頑張れとかそんな事はおこがましくて言いたくもありません。本人の気持ちを一方的に決めつけて、まるで全てがわかっているかのように振る舞うことはしたくないんです。(本当にそうしてないかは不安ですが)

そのプレッシャーに加担している自分がこんな事言うのもなんですが、
どうか気楽に、楽しんで。
あかりちゃんの活動を見る。それだけで私も去年の自分を思い出して頑張らなきゃって思えるから
ありがとう。





新生活と

お知らせ等
凄く久しぶりですみません iPhoneからこんにちは。

新生活始まってバタバタしていたせいか、これを全然活用出来てませんでした…そろそろTwitterにリンク貼ろうと思ってから早1ヶ月半。

その間にももクロちゃん関連、それからあかりん関連でもデカイニュースがばんばん入りこんできて、それはそれはエキサイティングな日々でございました。

特筆したい出来事は、ようやくももクロのライブを生で観れたこと、入口のない出口の発売、あかりちゃん初主演映画にエキストラで参加したことですかね。

感想は今は割愛しますが、おいおいまとめていけたらと思います。あと、かなり過去ログが溜まっているのでさっさと纏めなければ。


log 10月23日~ 怪盗と走れ サラバMV公開 *追記あり

twitter過去ログ ももクロZ

10月23日あすみ@春は3月(予定)@mugenkushami

怪盗少女~走れで聴くと、2曲合わせれば6人のパートバランスってわりとそろってるんだね 怪盗でおいしかった組(黄緑青)はややパート少ないし、あんまおいしくなかった組(赤桃紫)はわりともらってる でもあーりんはどっちでも半々くらいだからバランスはいいのかな

 

10月23日あすみ@春は3月(予定)@mugenkushami

れにちゃんは怪盗少な過ぎるけど、走れのAメロが良すぎるっつーかおいしいなあとおもったのでバランスとれてるってことにする(笑) かなこはリーダー補正入れたいからやや多いくらいじゃないと


10月23日あすみ@春は3月(予定)@mugenkushami

実は3回目くらいまで走れのCメロ?(待っていてもはじまんない~のとこ)の低音パートのとこ全部あかりんが歌ってるんだと思ってた.... 当時まだ聞き分け慣れてなかったのもあるけど、れにちゃんも歌ってるってわかった時はびっくりした


10月23日あすみ@春は3月(予定)@mugenkushami

あと5人版PJの「サフランタイム~」は誰が引き継いだのか中々わからなかった

 

**********

10月28日あすみ@春は3月(予定)@mugenkushami

サラバのコメ欄荒れてんね ももクロらしく無いとか 個性的なももクロだから応援してるのにとかいう意見見るとちょっとなあって気分

 

10月28日あすみ@春は3月(予定)?@mugenkushami

サラバのドラマに沿わせた世界観、歌唱力の安定具合、細部に気を使ったダンスとかみてるとさ、これから長い事活動するための地盤固めをしっかりしてしてくれてるんだなー凄いなーって思うんだけど、らしさ云々にこだわってこの曲は失敗とか言うのって失礼じゃない? 好き嫌いはしょうがないけどさ

 

10月28日あすみ@春は3月(予定)?@mugenkushami

キミセカミラボ労働猛烈の時も相当賛否両論だったって聞いてるけど、こんな批判の形だったのかな? Z女の時は自分でも体験したけど

 

**********

 

21日ぶりの更新(笑)

この記事を編集する直前に公開されたばかりの「Neo STARGATE」のMVをみたわけですが、まあ今回も賛否両論で。

このツイートをしたときの「ぼくの理想のももクロちゃんじゃないなんて!!こんなのももクロにやらせるべきじゃない!!!!」って意見には賛同できないな...という自分のスタンスは、現在もどうやら変わっていないようです。

 

あと、あれからsound cloudにあるリミックスやマッシュアップを良く聴くようになったのですが、走れ!関連はどの作品も出だしのれにちゃんの素晴らしさが際立ってますね。あのすぅーっと溶けていくようなsweetボイス。秀逸。

 

そしてスカパーで放送された女祭りを見返して思い出したのが、Cメロラストの「君の前じゃ素直でいたいんだー」の低音、今もあるんですね。元々れにちゃんもうたっていたのかも。

れにちゃんのあのふんわりとした歌声が真似できないように、あかりんの底を支えるようなアルトもまた、唯一無二なんですよねぇ。大好きですもん。あの低音。

これだけじゃなくBelieveのしおりんソロ中の「未来はー」の部分、Chai Maxxのサビラストの「Chai Maxx!」なども顕著ですよね。すごく良いアクセントになってる。

もちろん、夏菜子、しおりん、あーりん、杏果の歌声だって独特です。だからこそももクロの曲は聴いてて楽しいのです。